解毒機能を向上させる|予防して認知症を根こそぎ排除せよ|家族の笑顔を守る

予防して認知症を根こそぎ排除せよ|家族の笑顔を守る

解毒機能を向上させる

シジミ

アミノ酸が健康を維持する

オルニチンはアミノ酸の一種で、単独のアミノ酸分子のまま血液中を流れています。体内に取り込まれると腸で吸収され、肝臓や腎臓などでいろいろな働きをする物質です。お酒を飲んだあとには、オルニチンが良いといわれています。肝臓においてアルコールやアンモニアを解毒する効果が有名かもしれません。肝臓全体の機能を維持するため、年齢を重ねて衰えを感じる人たちにも、元気を取り戻せるとして人気があります。肝臓は、体内の毒素を解毒する働きがありますが、これが飲酒やストレスによって弱められると、体全体のだるさややる気のなさにもつながってしまいます。オルニチンは、体内でも重要な働きをする臓器である肝臓の健康維持に役立つ栄養素となっています。

摂り過ぎには気をつけたい

二日酔いや気力の衰えなどにオルニチンが有効だといわれています。また、肥満が気になる中高年の人たちのダイエットをサポートする物質だともいわれています。肝臓の機能を維持するために、非常に重要な物質ですが、食材からだけでは充分な量を摂取することができません。様々な食材に含まれているものの、その含有量は多いとはいえないからです。肝臓や体の健康を維持する栄養素として、充分な量を摂取したい場合には、サプリメントなどを利用したほうが良いでしょう。摂りすぎの心配というのは基本的にないかもしれませんが、あまり大量にオルニチンを摂取してしまうと、胃腸にトラブルが生じる場合があるそうです。そのため、摂取量には充分注意する必要があります。